私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

町田わくわく! サイエンス

町田わくわく!サイエンス

小学生に科学実験の楽しさを体験してほしいと、キーサイト・テクノロジーが材料を提供し、YMCAやワイズメンズクラブなど4つの団体が協力して開催している教室です。手作りのラジオを作ったり、ミニ測候所を作って天候観測したりと、毎月本格的な体験ができます。

開催要項

日 時
毎月第3土曜日 10:00~12:00
参加費
1回1人200円
会 場
町田ボランティアセンター活動室 町田市民フォーラム4階(町田市原町田 4-9-8)

内 容

2016年度の年間計画は以下です。
*ただし変更される場合もあります。お申込み前にご確認ください。

●4月16日(土)・・・「地球のかけら」
土の中から岩石を掘り出し、堅さや手触りなど、様々な特徴を注意深く調べます。

●5月21日(土)・・・「測候所」
風の向き、強さ、温度や雨の量を測ることの出来る全天候型のミニ測候所を組み立てます。自宅に持ち帰って住んでいる地域の天候継続的に監視する事の大切さなどを学びます。

●6月18日(土)・・・「手作りラジオ」
専用のIC(集積回路)を使い、手作りラジオを完成させます。そしてラジオが聞こえるしくみを学びます。

●7月30日(土)・・・「夏休み実験教室」
工作することで科学の知識も身に付きます。複数のカリキュラムを用意。何があるかは来てのお楽しみ!

●8月20日(土)・・・「アニメムービー」
アニメーションを観賞するプラキシノスコープを作成して、幻想的な動画を楽しむとともに、自分でもアニメムービーの製作をおこないます。

●9月17日(土)・・・「ナイト・アンド・デイ」
地球と太陽の関係を学ぶための"地球-太陽システム"モデルを、一人一人組み立てます。 組み立てたモデルとフラッシュライト(懐中電灯)を使って何故夜から昼に、昼から夜になるのか、また離れた国では違った時間に昼になったり夜になったりするのか観察します。 さらにどうして春・夏・秋・冬と季節が変わっていくのか、その仕組みについても調べます。

●10月15日(土)・・・「くだもの・炭 電池」
レモン、銅板、亜鉛板を使った「くだもの電池」や木炭、アルミホイルを使った「炭電池」を作ります。

●11月19日(土)・・・「ソーラーカー」
風力と並んで無尽蔵で地球環境を汚さない太陽の光で走る車を作りながら、車の基本的な構造や仕組みを学びます。また、地球にある色々なエネルギー源の問題についても学んでいきます。完成後、十分な太陽の光が得られる屋外で、ソーラーカーを走らせ、競争させることができます。

●1月21日(土)・・・「ふくろうのペリット」
ふくろうのペリット(吐き出した未消化の食物)の内容物を観察、 生態系について学びます。

●2月18日(土)・・・「希望の凧」
東日本大震災被災地の復興を祈って「希望の凧」を作製、みんなが凧あげをします。

●3月18日(土)・・・「クリーンウォーター」
泥水を浄化してきれいな水(クリーン・ウォーター)を生成する、4段の浄化装置(フィルタリング・システム)を開発して、浄水の仕組みや滅菌について学びます。

【主 催】 「町田わくわく!サイエンス」=町田ボランティア連絡協議会会員

【後 援】 東京町田YMCA、キーサイト・テクノロジー

【協 賛】 ワイズメンズクラブ国際協会東京まちだクラブ、東京コスモスクラブ

問合せ・お申込先

●参加ご希望の方は、下記のメールフォームに以下を記入の上で送信してください。

締め切り:開催日の週の火曜日までの先着順
(1)参加する日
(2)参加者のお名前(ふりがな)、年齢、学校、学年
(3)保護者のお名前 *初参加の方のみ
(4)郵便番号・住所 *初参加の方のみ
(5)電話番号(連絡用)

東京町田YMCA