単位制・通信制高等学校[総合学科]サポート校

お電話でのお問い合わせ【受付時間10:00〜18:00】03-3202-0326

学校ブログ

2017.07.17

MESA(発達障害学生就労支援研究会)を開催しました!

MESAを知っていますか?
まだまだ知らない人が多いと思います。
MESAとは、正式名称を「発達障害学生就労支援研究会」と言って
明星大学の発達支援研究センターが事務局となって立ち上げた研究会です。
発達障がいのある当事者や家族、支援機関や就労を受け入れる企業が集まっています。
MESAは、Multiple Employment Support Association for Developmental Disabilities
という言葉の頭文字をとって名づけられていますが、スペイン語でテーブルという意味だそうで、
関係者が区別なく同じテーブルを囲んで話し合おうという精神を象徴しています。
さて、今回はその第8回目の例会が、東京YMCA山手コミュニティーセンターを会場に開催されました。
その時のチラシはこちら
(1)第8回チラシ

これまでは毎回、明星大学で開催されてきましたが、日野市ということで、特に企業からの参加は
多摩に拠点のある企業に限られていました。今回は場所が新宿区ということで
企業の参加もしやすかったので、企業限定の内容としました。
テーマは「発達障害のある人が入社から定年まで働ける会社とは」ということで、
第一部では、「発達障害のある人にキャリアアップ制度を導入したメリットと課題 」と題して
楽天ソシオビジネス株式会社 雇用推進部 野村弥生様に講演をいただきました。
その後、第二部では参加した企業の方々を3つのグループに分け、自分たちの会社でどう取り組んで行けるか
課題は何か?など具体的に話し合いました。
法定雇用率の引き上げも言われる中、熱い議論が交わされ、大変刺激的な時間となりました。
最後の第三部では、名刺交換などもした立食の懇親会の時間を取り、交流を深めました。
気楽に話せる顔見知りが増えていることは、一人一人が違うからこそ対応が困難な中で、
とても勇気の持てる、有意義なことではないかと思いました。

最後に、明星大学が事務局を担当することのMESAですが、東京YMCA高等学院を窓口に
今後は共催となることも発表されました。
隔付程度開催されるこの研究会の2回に1回は東京YMCAで開催されることになるかと思います。
これからも、この研究会の働きに注目してください。