単位制・通信制高等学校[総合学科]サポート校

お電話でのお問い合わせ【受付時間10:00〜18:00】03-3202-0326

サポート授業・部活紹介

選べる学習スタイル

2つのプランをチョイス!登校日数をコントロールできるから、バリエーションが広がります。
自分にピッタリの高校生活をデザインしよう!

カラフルプラン週3日~週5日

カラフルプラン

自分の可能性を探したい!

週3日以上、毎日でもOK。全日制の高校と同じ生活サイクルになるので、生活のペースを作りやすくなります。また登校日を多くして、東京YMCA高等学院で行われる授業をたくさん受けられます。多彩な授業に出席して、カラフルな高校生活を送りましょう。

こんな人にオススメ

  • 友だちを増やしたい人
  • 進学を目指している人
  • 自分に合った進路を見つけたい人
▶登校日数
週5日(月曜~金曜)や
週3日、4日など自分のペースを
調整できます。
▶登校時間
10:00〜15:15
▶学習スタイル
クラス形式

フレックスプラン週1日~週2日

フレックスプラン

マイペースで自分の時間も
大切にしたい!

週1日または2日が選べます。自分の夢が決まっていて、夢のために時間を使いたい人や、働きながら、なるべく少ない登校で卒業を目指したい人にうってつけのプランです。登校に割く時間は最低限にして、それでも確実に高校卒業を目指します。

こんな人にオススメ

  • 自分の夢のために時間を使いたい人
  • 働きながら卒業を目指す人
  • 自分ひとりで集中して学習したい人
  • 不登校など学校に通うのが心配な人
▶登校日数
週2日または1日を選べます。
▶登校時間
相談に応じます。
▶学習スタイル
集団個別形式でレポート作成を
中心に進めます。

こんなコースもできました!

リビーコースカラフルプランフレックスプラン

学校が苦手だけどお家以外の場所で勉強したい!

「高校生になって卒業資格は必要。でも、教室の中に入ったり、授業を受けることは、どうしても出来ない」という人のために用意したコースです。libyは民家を利用した、誰もが何をして過ごしてもいい居場所です。もちろんレポートをやることも出来ます。libyのスタッフは教員ではありませんが、身近なお兄さん、お姉さんとして、「手伝って」と言われれば「じゃあレポート見てみようか」と一緒に取り組みます。通う日数は、カラフルプランとフレックスプランからお選びいただけます。スクーリングや特別授業、試験は高等学院で受けますが、日常的に学校の校舎に通う必要がないので、学校は苦手だけれど、家では勉強出来ないという人の一つの解決策になるでしょう。
リビーについてはこちらをクリック

リビーコース

授業紹介

時間割の例

各リンクをクリックしてご覧ください。

4映画で学ぶ世界史英語Click!表計算Ⅰ / 生物基礎美術Ⅰ / 書道Ⅰ産業社会と人間Click!

1 数学ⅠClick! 現代社会 / 日本史A 体感するキリスト教Click! 多文化共生考 国語Click!
2 数学ⅠClick! 現代社会 / 日本史A 体感するキリスト教Click! 多文化共生考 国語Click!
昼休み
3 映画で学ぶ世界史 英語Click! 表計算Ⅰ / 生物基礎 美術Ⅰ / 書道Ⅰ 産業社会と人間Click!

放課後

集中講座

普通科目

国語「国語総合」

国語「国語総合」

現代文、古文、漢文をバランスよく学ぶ機会となるでしょう。作品にはそれぞれ作者が表現したかった思いが盛られています。しかし、現代文では、難解な表現や比喩、人生経験の差などが作品と生徒の間に霧をもたらします。古文であれば時代の差があり、漢文などはそもそも中国語による表現です。この作品と生徒の間にある霧を吹き払い、作品と生徒が直に出会うことが出来るようにすること。それがこの授業での教員の役割です。

英語「コミュニケーション英語Ⅰ」

英語「コミュニケーション英語Ⅰ」

「英語って、文法がいろいろ出てきて分からなくなっちゃったな」「話すのはあんまり好きじゃないけど、映画やドラマの英語が少し分かったらいいな」「とりあえずレポートが終わったら安心」「英検に挑戦しようかな」英語との付き合い方は、ひとそれぞれあっていいと思います。ここでの英語の授業は、レポートを進めながら、文法を一から復習したり、ときには、映画を見たり洋楽を聴いて英語の表現を紹介したり、英語をきっかけに、何気ない日常の中にある「ことば」に少し目を向けてみる、そんな時間です。

数学「数学Ⅰ」

数学「数学Ⅰ」

数学の授業でレポートを一緒に進めていると、「あー、その計算って、そういうやり方でやるんだったんだ!」「因数分解、ずっと分からなかったんだよねー」などの声をよく聞きます。1クラスの人数が多い授業では、自分が分からないところをゆっくり時間をかけて理解したり、質問したりするのが、なかなか難しかったりしますね。ここでのサポート授業は、1クラス5人程度の少人数。ときには、立ち止まって時間をかけながら、自分のペースでレポートを進める、そのサポートをしていきます。

特色のある科目

宗教「体感するキリスト教」

宗教「体感するキリスト教」

キリスト教を「体感する」ってどういうことでしょう?反対に、頭で理解するキリスト教と言うものに本当に意味があるのでしょうか?キリスト教って勉強するものじゃなくて、本来は生き方です。どうしてクリスチャンが世界で一番多いのか?その生き方を知って自分ならどう思うのかを一緒に考えます。寅さんとイエスが似ているね、とかビートたけしとたけし軍団の関係は、イエスとその弟子の関係と似ているんだよ、など興味深いお話しが展開されます。

総合「産業社会と人間」

総合「産業社会と人間」

「自分は、どんなことを素敵だなと感じるのだろう」「自分は、どんなことが気になったり、嫌だなと感じているんだろう」...この授業では、日常の何気ない話題について話をしたり、映画を見たり、どこかへ出かけたり、ゲームをしたりする中で、自分自身のこと、自分の身の回りのことなどについて、話したり考えたりしています。これからどんなことをしていきたいか、進路を考えるきっかけにもなる時間です。

選択「五感で自然を感じよう」

選択「五感で自然を感じよう」

東京YMCAは山中湖センターや妙高高原ロッジといった野外活動施設・キャンプ場を持っています。豊かな自然の中で自分の持つ感覚=五感を開いて、感じることを大切にする授業です。感じることは千差万別。何が正解と言うことはありませんから、なるべく自分に正直に感覚の全てを開き、自分も自然の一部になってみましょう。

総合的な学習の時間「ディズニーで学ぶおもてなし」

総合的な学習の時間「ディズニーで学ぶおもてなし」

街のカフェやレストラン、図書館や本屋さん、美容室…いろいろな場所の中で、「なんだかココいいな」と感じる場所があるかもしれません。お店の雰囲気だったり、店員さんの応対だったり、流れている音楽だったり。そんなちょっとした工夫や配慮、心遣いも「おもてなし」のひとつだと思います。この授業では、東京ディズニーランド・ディズニーシーに行って、そこで働くキャスト(従業員)の方からお話を聞いたり、自由に園内で過ごす中で、自分が「いいな」と感じる何気ない工夫や配慮、キャストの心遣いに目を向けていきます。

部活紹介

東京YMCA高等学院では、今学期は毎週水曜日の午後を、「部活」の時間にしています。
ここでは、日々の何気ないやりとりの中で生まれてくる、「一度、この映画みたかったんだよねー」「最近、まったく体動かしてないなあ」などの生徒の声をきっかけに、毎週の活動を決めています。例えば、ある日は「映画部」としてDVDを見たり、別の日は「卓球部」として近くの卓球場に行ったり。その中で、自分が興味のある活動、「やってみたいな」と思った活動の日に、参加しています。
自分の「やってみたい」を仲間と一緒にやったり、はじめてのモノやコトとの出会いがあったり、「授業」とはまた違った時間です。

授業外の居場所 「liby」