私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. ボランティア募集情報
  3. 障がい児・障がい者の活動ボランティア

ボランティア募集情報

ボランティア募集情報

障がい児・障がい者の活動ボランティア

20170622_1.jpg 20170622_2.jpg
20170622_1.jpg

20170622_2.jpg

東京YMCAでは現在、主に知的障がいや発達障がいのある方を対象に、水泳、体操、キャンプ、月に1度の屋外活動(グループ活動)、放課後等デイサービス、社会性トレーニングクラスなど、多数の活動を展開しています。


ボランティア(YMCAでは「ボランティアリーダー」=通称「リーダー」とよびます)の方には、およそ以下の活動でご活躍いただいています。 いずれも知識や経験を問いませんが、単なるお手伝い役や介助役ではなく、共に活動を楽しむ仲間として関わってくださることを願っています。
 ⇒ ボランティアリーダー経験者の声 

【活動内容】
●余暇活動(グループ活動) ⇒ 
月1回、バーベキューをしたり、ハイキングをしたりと、リーダーや仲間たちと一緒に余暇を楽しく過ごす活動です。 ボランティアの皆さんは、毎週1回ミーティングをして活動の企画を作るところから関わり、共に活動に参加していただきます。

●水泳、体操 ⇒ 
主に知的障がいや発達障がいのある方の水泳や体操クラスでのボランティアです。東京YMCAはこれらのクラスを通して障がいのある方々が、体を動かす喜びを体験したり、ルールを守ることを覚えたり、さらには心の交流を深めていくことを目指しています。ボランティアの皆さんには、スタッフのもとで指導の補助をお願いしています。

発達障がい児支援クラス「ASCA」⇒、  放課後等デイサービス「さくら国立」⇒のサポート 
東京YMCAは、「ASCA(アスカ」、「さくら国立」「START-Y」など活動の中で、発達障がいのある子どもたちの学習支援や、社会性トレーニングなどを行なっています。ボランティアの方には講師のもとで、クラスの補助や教材などの準備をお願いしています。

シーズンキャンプ ⇒ 
「キャンプで成長をすべての人々に」を目指してYMCAは、広く一般の障がい児を対象に、2泊~5泊程度のキャンプを開催しています。ボランティアの方には、事前の準備会(リーダー会)に出席して活動の企画をたてるところから関わっていただくほか、必要に応じて研修も受けていただきます。キャンプ中は、子どもたちと共に体験を楽しみ、一緒に成長していただければと願っています。

【参加手順】
1.まずは上記サイトをご覧になり、ご関心のある活動の担当部署にお問い合わせください。
  *ご希望をお伺いした上で、活動のご案内をいたしますので、必ずご本人がご連絡ください。
2.担当ディレクターと簡単な面接をしていただきます。
3.参加が決まりましたら、活動内容に合わせてリーダー会(準備会)や研修にご参加いただき、活動スタートとなります。