私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. キャンプ・野外教育
  3. 山中家族キャンプ~「大家族」で楽しむ5日間

山中家族キャンプとは?

「山中家族キャンプ」は1932(昭和7)年から開催している、東京YMCAで最も歴史のあるキャンプです。
世代別のキャンプが多い中、家族で参加できる唯一のキャンプです。家族と一緒なら、年齢制限はありません。毎年8月上旬に4泊5日の日程で富士山のふもとにあるキャンプサイト「東京YMCA山中湖センター」で生活し、山中湖での水上アクティビティーや運動会・野外料理・オリエンテーリングなどを、 家族みんなで楽しみます。
キャンプには、出会いから解散まで"起承転結"がありますので初めての方は全日程の参加をお勧めしますが、強制ではありません。現地集合・現地解散となります。宿泊は山中湖センターの木造キャビンでの生活になります。家族単位で他の家族と15名前後のメンバーでの行動を原則とします。
運営の進行は参加者みんなでやります。初めて参加の方もご協力のお願いをする場合もあります。食事の配膳、生活空間の清掃等もみんなで協力して行います。
日常ではなかなか気がつかない「家族の絆」「日々の生活の大切さ」を体験できるキャンプです。

山中家族キャンプ

開催概要|2019年度「第88回山中家族キャンプ」

日 程 
2019年7月31日(水)~8月4日(日)4泊5日
場 所 
東京YMCA山中湖センター
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野419 (Tel.0555-65-7721)アクセス
対 象 
家族単位の参加を原則とします。
*中学生以下のお子さまで、保護者が同伴できない場合は里親(代理の保護者)が必要です。
参加費 
全日程 3泊 2泊 1泊 訪問(日帰り)
添寝のお子様
大人 34,128円 28,728円 21,600円 12,096円 3,240円+食費実費
小・中学生 32,400円 27,216円 20,736円 12,096円 3,240円+食費実費
未就学児
(ベッド共有・食事独立)
12,096円 9,072円 6,048円 3,024円 食費実費+保険料216円
未就学児
(ベッド独立・食事共有)
15,120円 11,340円 7,560円 3,780円 216円
未就学児
(全て共有)
1,080円 864円 648円 432円 216円

●上記には宿泊食費、プログラム費が含まれています。
(訪問は宿泊費含まず)参加費に含まれる食事は1泊3食となります。

●訪問(日帰り)の費用は、食費実費:朝食864円・昼食756円・夕食1,404円+3,240円のプログラム費及び傷害保険料等です。

●未就学児で食事・ベッドを大人の方と共有される場合、参加費は無料ですが、保険料216円(一日つき)を頂戴いたします。
食事のみまたはベッドのみ独立してご利用の場合、またはその両方を独立してご利用の場合はその旨申込書にご記入下さい。

●7月31日の宿泊者は、標記より参加費が1人1,000円割引となります。(全日程参加費は割引済みです)

●参加者は傷害保険に加入いたします。ただし、申込み締め切り後に変更等あった場合には加入できない場合がございます。
予めご了承下さい。

集合解散
7月31日(水)午後2時 現地集合
8月4日(日) 午後2時 現地解散

自家用車もしくはバスが便利です。
バスは、バスタ新宿より山中湖平野行き高速バスに乗り、終点の平野バス停から歩いて5分程でキャンプ場です。
バスは1か月前から予約できますが、夏はすぐ満席になるのでご予約は早めに!
富士急行バスHPの「富士五胡~新宿線」から予約できます。
駐車場 
自家用車などでお越しの場合、山中家族キャンプファンドとして1台につき1000円以上の駐車料を現地にてお納め下さい。
ファンドは、キャンプの特別プログラムやYMCA支援などに使われます。

プログラム内容

野外炊飯、「水上オリンピック」、「陸上オリンピック」、アフタヌーンティータイムなど全体で行なうプログラムのほか、世代別にわかれて実施するプログラムもあります。

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

山中家族キャンプ

キャンプ場の生活

山中家族キャンプ

キャビン

山中家族キャンプ

食事風景

山中家族キャンプ

朝の礼拝

【キャビンでの暮らし】
寝泊まりはテントではなく、キャビンと呼ばれる簡素なログハウスで生活します。キャビンにはベッドがあり、またキャンプ場内にはトイレ・大浴場もありますので快適です。キャビンは数組の家族が一緒に利用します。
山中湖センターの施設紹介はこちら

【掃除、配膳は皆で】
キャビンやトイレ、メインホールの掃除は毎朝の"Duty(デューティ)"の時間にグループごとに行います。食事の配膳も当番制です。

【キャンプネームで呼び合います】
全員がキャンプネームで呼び合い、敬語も使いません。キャンプネームはキャビンの仲間たちと一緒に考えてつけます。

【専属シェフがつくる充実した食事】
家族キャンプでは、野外炊飯の時を除き、プロのコックさんが栄養バランスのよいおいしい料理を作ってくれます。配膳や片付けは各自が分担して行います。

【キャンプでのルール】
家族キャンプは、長年にわたってみんなが楽しく生活するためのルールを作り上げてきました(キャビンは数組の家族が一緒に利用する、規則を守らなかったとき、このキャンプ特有の"チョウバチ"というものがある等)。独自のルールや用語などありますが、顔合わせ会や現地でのオリエンテーションの時間に説明します。ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

【実行委員会による運営】
プログラムの企画・運営は、東京YMCA職員のほかにリピーターによる実行委員会が数か月前から準備して作り上げていきます。キャンプ中も毎日、キャビンの代表者による「マスター会」というミーティングを行い、生活上のルールを話し合ったり、プログラムの企画などもします。

【礼拝について】
キャンプ中は、食前のお祈りや朝の礼拝などを行ないます。キリスト教の布教や勧誘は目的としませんが、日々の糧や生活に感謝するひとときを持っています。ご了承ください。

申込み方法

キャンプ内容の詳細など、お申込み前に確認したいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。担当スタッフが直接お答えします。

予約について

ご予約の前に

ご予約前に、以下を確認ください。

●キャンプや集団行動において、特別な配慮が必要と思われるアレルギーなどの疾病や疾患、心身の障がい、行動がある場合はお申し込み前にご相談ください。

●キャンプ場内での飲酒は禁止です。

●キャンプの趣旨に著しくそぐわない行為、他の参加者に迷惑をかける悪質な行為を繰り返した場合などには、キャンプの途中であっても当該参加者に帰宅していただく場合がございます。

●プログラム中に撮影された写真は東京YMCAの広報媒体(パンフレット、Webサイト、SNSなど)に掲載する場合がございます。掲載を希望されない場合はお申し出ください。

メール予約

メールでご予約ください

●初めての方は全期間参加を原則とさせていただきます。メールでご予約ください。
担当者から折り返し連絡します。簡単な面談(電話)をした上で正式なご予約となります。

●リピーターは、申込書をお送りください。

申込書の提出

●申込書の提出(新規の方は面談を経て)をもって参加決定となります。

●メール予約後、申込フォームをお送りします。必要事項を入力の上、ご提出ください。

●キャンプ生活において特別な対応のご要望がありましたら、特記事項にご記入ください。

参加費お支払い

打ち合わせ会の前までに参加費を納入ください。

【振込先】
三菱東京UFJ銀行 神田支店(普)1202091
公益財団法人東京YMCA 代表理事 菅谷淳
*振込手数料はご負担をお願いします。

打ち合わせ会

ご参加者を対象に打合せ会を行ないます。

●プログラムや注意事項など説明をし、また参加者が顔を合わせる会です。必ずご参加ください。


<2019年度打合せ会>
日時:2019年7月21日(日)14:00~16:00
場所:東京YMCA山手コミュニティーセンター(新宿区西早稲田2-18-12) アクセス


●※キャンプ終了後、「思い出会」を開催します。9月7日(土)山手コミュニティーセンターを予定。楽しかったキャンプを振り返ります。

委員長メッセージ~「みんなの力で素晴らしいキャンプを作りあげる喜び」

●第88回山中家族キャンプ委員長 しゅしょう(柏原 光太郎)

私が一番好きなキャンプソング「キャンパーの夢」の一節にこんな言葉があります。

<キャンプがぼくに教えてくれた ことばはたくさんあるけれど 一つ一つをわすれたくない それがキャンパーの夢>
そのことばはこんな風に続きます。
<GREEN WHITE JOY FRIENDSHIP TRUTH ENCOUNTER HOPE LOVE>
<今日 出会い 明日 愛 自由 幸 空 ハーモニー>

YMCAの数々のキャンプのなかで、家族キャンプがなにより素晴らしいのは、老若男女が一緒に生活することだと私は思っています。
生後数ヶ月の赤ちゃんから50年以上参加しているベテランまでみんなキャビンで生活をします。
それはキャンパー全員が「家族」だから出来ることです。一緒に出会いを楽しみ、互いの成長を喜び、ハーモニーをかもし出し、愛や友情を育む。
先日、小さいお子さんと一緒に参加されているお父さんキャンパーがこんなことを話してくれました。
「キャンプにいると、うちの子が悪いことをしたら誰もが叱ってくれます。東京なら他人に怒られると子供を庇いたくなりますが、ここに来るとわが子のように叱ってくれるキャンパーがたくさんいることが嬉しいんですよね」
キャンプでみんなと再会するまで、あと少しです。

芝生を走り回ったり、ボートを漕いだり、キャンプソングをたくさん歌う毎日を、私も指折り数えて楽しみにしています。

お問い合わせ

東京YMCA山中湖センター
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野419
TEL:0555-65-7721