私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. 国際協力・国際交流
  3. 東京-NYフロストバレーYMCAパートナーシップ~国際化の中で育つ子どもたちのために~

東京-NYフロストバレー
YMCAパートナーシップ
~文化の狭間で育つ子どもたちのために~

東京-NYフロストバレーYMCAパートナーシップ東京-NYフロストバレーYMCAパートナーシップ

ニューヨークに住む日本人が増えていった1970年代、さまざまな文化不適応の問題が生じたことから東京YMCAは1979年、ニューヨークにスタッフを派遣。現地YMCAの協力を得ながら、在米日本人を対象としたキャンプや水泳、フィットネスなどの活動を始めました。それから30年余、この「東京―NYフロストバレーYMCAパートナーシップ」は、ニューヨーク近郊の日本人家族を支援し、また日米の相互理解を目指して活動を続けています。

現在では毎シーズン300人以上の子どもたちが、北米屈指のフロストバレーYMCAのキャンプ場に集い、日本語で行うキャンプを満喫しています。転勤などでアメリカに来た子どもだけでなく、アメリカで生まれ育った国際結婚家庭の子どもたちなど、日本にゆかりのあるさまざまな子どもたちが参加しています。「久しぶりに日本語で話せてうれしかった」「キャンプ中に日本語を覚え、日本の祖父母と話せるようになった」「アイデンティティーに悩んでいた娘が同じ境遇の仲間に出会えて前向きになれた」など、文化と文化の狭間で育つ子どもたちの切実な感想が寄せられています。

フロストバレーYMCAは、ニューヨークから車で3時間ほどのキャッツキル自然保護区域内に位置し、山手線一周以上の面積がある広大なキャンプ場です。敷地内には鹿やビーバーなどの動物にも出会えるほか、約40頭もの馬がいるホースバーンや天文台などの設備も充実しており、日本ではなかなかできない体験ができます。

東京YMCAは、1979年以降継続してスタッフを派遣し、春、夏、秋、冬のキャンプのほか、中高生のグループ活動や週末の日帰りキャンプなど、年間を通じてさまざまなプログラムを提供しています。

「フロストバレーパートナーシップ」
のサイトはこちら

ユースボランティアリーダーを募集しています。

フロストバレーパートナーシップでは、現地で日本語によるキャンプを運営するため、夏と冬にユースボランティアリーダーを募集し、現地に派遣しています。

  • サマーキャンプは、毎年6月下旬~8月下旬頃実施。
  • スキーキャンプは、12月下旬~2月下旬にかけて7~10日間程度。
  • 応募対象は、YMCAのキャンプの趣旨に賛同する18歳以上の方。
  • キャンプ期間中は子どもたちと共に生活し、子どもたちの安全管理をするほか、社会性や自主性を体験的に身につけていくことをサポートする役割を担います。
  • いずれも実施約3~4カ月前に募集します。詳細は「東京YMCAメールマガジン」または新着情報でお知らせします。

海外交流キャンプ「ダイナミックサマー」

東京YMCAでは、日本在住の小中高校生を対象に夏休みに2~3週間、フロストバレーのキャンプに参加するプログラムも実施しています。現地の子どもたちと一緒にキャンプに参加するほか、週末には現地YMCAのご家庭でホームステイをするなど、ダイナミックな体験ができます。毎年夏休みに18日間程度で実施しています。

詳しくはこちら