私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. チャリティー・募金のお願い
  3. チャリティー・募金のお願いニュース
  4. 【山中湖センター100周年記念募金】未来の子どもたちにできること~(10/1~)

チャリティー・募金のお願いニュース

募金お願い

【山中湖センター100周年記念募金】未来の子どもたちにできること~(10/1~)

English follows Japanese⇒

東京YMCA山中湖センターは今年、開設100周年を迎えました。

これまで山中湖センターを支えてきてくださった方々に心より感謝申し上げるとともに、引き続き皆さまと共にこのキャンプ場を未来にむけて維持発展させていくため、「山中湖センター100周年記念募金」を行います。皆様のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

202309yamanaka100bokin1.jpg 202309yamanaka100bokin2.jpg 202309yamanaka100bokin3_1.jpg
202309yamanaka100bokin1.jpg


202309yamanaka100bokin2.jpg


202309yamanaka100bokin3_1.jpg



<委員長あいさつ>

山中湖センターは、富士山をのぞむ山中湖畔に位置し、1923年の開設以来100年の間、障がい児を含む子どもたちやご家族、林間学校など多くの方々にボートやカヌー、バーベキューやキャンプファイヤーなど自然に囲まれたキャンプ生活を楽しんでいただいてきました。

今回100周年を迎えるにあたり、次の100年を見据えた将来への投資として、クライミングウォールなどの各種プログラム施設の新設や、ご家族や小グループの方でも利用しやすいよう宿泊室などのリノベーションを実施いたします。また、経済的な理由などで、これまでキャンプに参加できなかった子どもたち100人を無料でキャンプに招待しようと計画しており、つきましては、これらの資金の一部に充てるため、広くみなさま方からご支援を頂きたく募金への協力をお願い申し上げます。

東京YMCA山中湖センター100周年記念募金委員会 委員長 上田晶平


<募金目標額> 2000万円 (費用総額3000万円)

<募金使途>
1.キャンプ100人招待プログラム  合計500
経済的な理由によりキャンプに参加できない子どもたち、外国にルーツをもつ子どもたちなど、様々な理由によりキャンプに参加できない子どもたち100人を無料でご招待いたします。

【感謝報告】中高生エンジョイキャンプ(第3弾)⇒
【感謝報告】外国にルーツをもつ子どもたちのためのキャンプ(第2弾)⇒
【感謝報告】山中エンジョイキャンプ(第1弾)⇒


. プログラム施設の新設  合計1,000万円
「挑戦」や「仲間との繋がり」をテーマに、利用者の充実感や達成感、豊かな成長を育む施設を新設いたします。
① クライミングウォールの設置 ・・・500万円
② アーチェリーレンジの設置 ・・・100万円
③ チームビルディングアクティビティー用屋外設備の設置
(ジャイアントシーソー、ターザンロープ、丸太乗りなど)・・・400万円

【感謝報告】クライミングウォール完成!!⇒


3.宿泊棟内の各設備のリノベーション 合計1,500万円
家族や小グループも利用しやすいように、快適さや利便性の向上を目的に宿泊室を刷新いたします。
① 宿泊室の内装リニューアル(扉、床、壁、天井、ベッドの更新など)11部屋・・・700万円
② トイレ、シャワールームの刷新(トイレ設備の更新、シャワールームの新設)・・・800万円

<募金方法>

▼銀行振込、窓口募金 募金期間 2023年11月1日(水)~2024年3月31日(金)


【銀行振込】
三菱UFJ銀行(0005) 神田支店(331)
普通預金 1193290 公益財団法人東京YMCA ザイ)トウキヨウワイエムシイエイ

※お振込みの際に、お名前と電話番号をご入力ください。
例)トウキョウタロウ 09012345678


【窓口募金】
以下の拠点にて募金を承ります。
山中湖センター(山中湖村平野)
山手コミュニティーセンター(高田馬場)
南コミュニティーセンター(経堂)
東陽町コミュニティーセンター(江東区東陽)
本部事務局・会員部(新宿区西早稲田)


● ご寄付いただいた方のお名前は、東京YMCAの機関紙やホームページに掲載させていただきます。
● 3万円以上ご寄付いただいた方は、キャンプ場に設置する100周年記念銘板にお名前を掲載させていただきます。
※匿名をご希望の方は事務局へご連絡ください。(TEL: 03-3202-0323 E-mail:yamanakako100@tokyoymca.org)


● 10万円以上ご寄付いただいた方は、キャンプ場に敷設する記念銘板と記念タイルにお名前を掲載させていただきます。
※詳細は別途対象者の方にお知らせします。


公益財団法人東京YMCAへの寄付金は、所得税・法人税・相続税の税制上の優遇措置が受けられます。また一部の自治体では、個人住民税の寄付金控除の対象となります。

詳しくは、ホームページをご参照の上、所轄の税務署または税理士にご相談ください。

山中湖センターについて

フラットな地形を活かしてできるだけ段差を無くし、トイレや浴室など各所に手すりを設けるなど、幼児から高齢者、そして障がいのある方が利用しやすいユニバーサルデザイン設計がされています。都心から約2時間とアクセスの良さがあり、お泊り保育や林間学校、研修など幅広くご利用いただいています。


<100周年関連イベント>

【感謝報告】山中湖センター100周年記念コンサート⇒

【感謝報告】山中湖センター100周年記念感謝会⇒


・・・・・
<問い合わせ先>
東京YMCA野外教育センター
住所 東京都新宿区西早稲田2-18-12
TEL 03-3202-0323
山中湖100周年記念募金アドレス yamanakako100@tokyoymca.org





[Yamanakako Center 100th Anniversary Fundraiser] What you can do for the children of the future - (10/1~)

We would like to express our sincere gratitude to all those who have supported Yamanakako Center over the years, and to continue to work together with everyone to maintain and develop this campground for the future, we will be holding a "Yamanakako Center 100th Anniversary Fundraiser". Your understanding and support would be greatly appreciated.



<Greetings from the Chairperson>

For 100 years since its opening in 1923, Lake Yamanaka Center, located on the shores of Lake Yamanaka with a view of Mt. Fuji, has been offering boating, canoeing, barbecues and campfires to children, including those with disabilities, families and forest schools.
In celebration of its 100th anniversary, the camp is investing in its future with a view to the next 100 years by building a climbing wall and other various program facilities, and renovating accommodation rooms and other facilities to make them easier for families and small groups to use. In addition, we are planning to invite 100 children who have been unable to attend the camp for financial reasons to the camp for free.

Shohei Ueda, Chairman, Tokyo YMCA Lake Yamanaka Center 100th Anniversary Fundraising Committee


<Donation Target> 20 million yen (Total cost: 30 million yen)

<Use of donations>
1. 100 Campers Invitation Program: 5 million yen total
We will invite 100 children who are unable to attend camps for various reasons, such as children who are unable to attend camps for financial reasons, children with foreign roots, etc., to the camps free of charge. 2.

2. New Program Facilities: 10 million yen total
We will build new facilities with the themes of "challenge" and "connection with friends" to nurture a sense of fulfillment, achievement, and rich growth for users.
a- Installation of a climbing wall ・・・ 5 million yen
b- Installation of an archery range ・・・ 1 million yen
c- Installation of outdoor facilities for team building activities
(Giant seesaw, Tarzan ropes, log rides, etc.) ・・・ 4 million yen 3.

3. Renovation of each facility in the lodging building Total 15 million yen
We will renovate accommodation rooms to improve comfort and convenience so that families and small groups can easily use them.
a- Interior renovation of accommodation rooms (doors, floors, walls, ceilings, bed renewal, etc.) 11 rooms - 7 million yen
b- Renovation of restrooms and shower rooms (renewal of restroom facilities and construction of new shower rooms): 8 million yen

<Donation Methods>

-Bank transfers, over the counter donations Donation period November 1, 2023 (Wednesday) ~ March 31, 2024 (Friday)

Details will be announced at the start of the fundraising period.
Donations to the Tokyo YMCA Foundation are subject to preferential tax treatment for income tax, corporate tax, and inheritance tax. In addition, some municipalities also allow a tax deduction for donations for individual inhabitant tax purposes.

For details, please refer to the website and consult your local tax office or tax accountant.

<About Yamanakako Center>

The Yamanaka Lake Center is designed with a universal design that makes use of the flat terrain to eliminate as many steps as possible, and has handrails in the restrooms, bathrooms, and other areas to make it easy for young children, the elderly, and people with disabilities to use. The facility is only about 2 hours from central Tokyo, and is widely used for overnight childcare, forest schools, training, and other purposes.