私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. ボランティア募集情報
  3. 「リーダー会」とは?

「リーダー会」とは?

活動の企画や準備をするため、ボランティアリーダーたちは週に1回集まって「リーダー会」を行ないます。1つのキャンプにつき約10回、定例野外グループは3~4回の「リーダー会」を開催しています。 実際にどんな準備をしているか、山手コミュニティーセンターのリーダー会の様子をご紹介します。(日本YMCA同盟発行『THE YMCA』2015年12月号より)

【例】 定例野外グループ「にこにこクラブ」のリーダー会
「にこにこクラブ」は、幼児(3~6歳)を対象に月1回(年8回)野外に出かけるなどの活動をする「定例野外グループ」です。

テーマを決める

リーダー会から生まれたキャラクター「にこらいおん」リーダー会から生まれたキャラクター
「にこらいおん」

年度の初めには、「年間テーマ」と「毎月のテーマ」を話し合います。今年のテーマは「にこらいおん ~常に挑戦し続けるにこにこクラブ~」。子どもたちの心がぱっと晴れてあったかくなるように願って、お日さまを思わせるライオンのキャラクターも作りました!

「対象理解の学び」

「あ、私もそう思ったの」「あ、私もそう思ったの」

リーダー会では毎回話し合いの前に、子どもや家庭を取り巻く社会の課題を持ち寄って意見を交わします。今日みんなで読んだ記事は「日本の子育て環境は異様だ! 若き社会学者が"保育園・義務教育化"を提唱」。「ここに書いてあることって本当にそうなのかな・・・・・」。これも大事な意見です。

下見

地図を見て話し合うリーダーたち地図を見て話し合うリーダーたち

活動の前には必ず何人かで下見に行きます。下見に行かなかったリーダーも地図や写真を見て皆で話し合います。今回の行き先は「埼玉県こども動物自然公園」。「思っていたよりも広い」「年少の子が無理なく移動できるようにするには?」「トイレには洋式もあったから大丈夫」など、いろんな意見を出し合います。

「しおり」や「クイズ」などを作ります

しおりの中の地図は子どもにもよくわかるしおりの中の地図は子どもにもよくわかる

しおりには、年少の子どもにもわかる地図や間違いさがしクイズなどを用意します。また、リーダー用のタイムテーブル、グループ表のほか、子どもたちが楽しく園内を歩くための工夫(指令書など)も作ります。

大忙しの「前日会」

赤三角 正章ひとりひとりの家に電話をかけます

活動の2~3日前のリーダー会は、通称「前日会」。やることが盛りだくさんです。
参加する子ども全員の家に電話をかけ、集合時刻や場所、持ち物、健康状態を確認。子どもとも「動物園で何見たい?」などとお話し「じゃあ日曜日ね」とごあいさつ。また、当日のスケジュールや備品を細部にわたって確認します。

当日

一緒に動物園に行こうね。一緒に動物園に行こうね。一緒に動物園に行こうね。
ウサギさん、ふわふわだね。

朝早く集まったリーダーたちは、今日の流れを再度確認して、子どもたちを迎えます。全員集まったところで、お父さんお母さんに元気いっぱい手を振って出発!

動物園に到着してからは、グループごとにお目当ての動物に会いに行きます。子どもたちはいろんなことに興味津津! 小さなクモを観察したり、小枝を拾ったり・・・。そんな時は急がずに子どもと一緒に立ち止まったり、一緒に歌ったり。

評価会

リーダーみんなで今日一日を振り返ります。リーダーみんなで今日一日を振り返ります。

子どもたちが帰った後は、子どもひとりひとりの「パーソナルレコード」や、「振り返りシート」を記入。その後「評価会」ではリーダー一人一人が今日を振り返って話します。「動物に会おう!っていう動機づけが少し弱かったかな」「動物があんまり好きじゃない子もほどよい距離感で接していたね」。

リーダー会とは?

リーダー11人に聞いてみました。「あなたにとって、リーダー会とは?」
*名前はキャンプネームです。

  • パリ(大学3年)
  • ドリー(大学2年)
  • みんと(大学3年)
  • ザック(大学4年)
  • イエロー(大学4年)
  • まこまい(大学1年)
  • イケア(大学2年)
  • ポカリ(専門2年)
  • ウッディ(大学4年)
  • ダンク(大学4年)
  • キムチ(大学3年)