私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. チャリティー・募金のお願い
  3. 東京YMCAインターナショナル・チャリティーラン

チャリティーランとは?

YMCAインターナショナル・チャリティーランは、参加費で障がいのある子どもたちを支援するとともに、"障がい"への社会的な理解と関心を高めることを目的とした駅伝大会です。
チャック・ウイルソンさんpdfが提唱し、1987年、YMCA国際賛助会(FCSC)の主催により、東京で開催され、その後全国に広まりました。
"ラブ・オン・ザ・ラン"をスローガンに、現在では全国21ヶ所のYMCAで、 14,000人以上のランナー・ボランティアが参加するイベントになりました。

チャリティーラン

YMCAは、障がいのある子どもたちに、社会参加の機会を増やし、自信をもって心豊かに楽しい生活が送れるよう、様々なプログラムを提供しています。プログラムの実施には、場合によってはマンツーマンでサポートするボランティアが必要ですし、設備などにも特別な配慮が必要なため、一人当たりに必要となる費用が高額になります。また、ボランティアのトレーニング費用も必要です。みなさまからのご支援は、こうした費用を補い、プログラムの実施を可能にします。そして障がいのある子どもたちと、その家庭を地域と共に支えることとなるのです。
どうぞこの大会に参加し、共にこの大会を楽しんでください。それが、障がいのある子どもたちの支援になります。

Charity Run

スポーツ庁長官 鈴木大地さんからのメッセージ

スポーツ庁長官 鈴木大地さん

「2020年度YMCAインターナショナル・チャリティーラン」が盛大に開催されますことを、心からお祝い申し上げます。

本大会は、障害のある人とない人が共にチームを組んで走るレースであり、障害のある方に対する理解が深まることを目的として全国各地で順次開催されます。また、収益はYMCAにおける障害児プログラムを実施するための費用に充てられるなど、障害者のスポーツ振興や社会参加を進める上で大変意義深いものと考えています。

スポーツ庁では、一人でも多くの方がスポーツに親しめるよう、生活の中に自然とスポーツが取り込まれている「スポーツ・イン・ライフ」という姿の実現に向けて各種取組を進めております。このような考え方の下、障害の有無にかかわらずスポーツを楽しめる社会の実現を目指し、全力で取り組んでいます。

参加される皆様は、日々の練習の成果の発揮を目指す方も、気楽に走りたい方も、存分に楽しんで走っていただくとともに、仲間との交流の輪を大いに広げてください。

結びに、大会の開催に尽力された公益財団法人日本YMCA同盟をはじめとする関係の皆様に心から感謝申し上げるとともに、大会の御成功と選手の皆様の御健闘を祈念しましてお祝いの言葉といたします。

参加方法

ウォーキングに変え歩数を競います

企業・団体・学校・同好会など、どんなチームでも参加できます。1チーム6~20名(女性1名以上含む)。
※ランナーが足りない場合は、YMCAで予備ランナーを手配します。
※スポンサーとしてのご参加、または参加賞やラッフル賞品などの物品寄付、支援金も受け付けています。

日時
2020年10月24日(土)~11月1日(日)計9日間
場所

特に指定はありません。お好きな場所で歩いてください。

参加費
1チーム10万円
*参加費・協賛金は、寄付金控除の対象として 税制上の優遇措置が受けられます
競技ルール
9日間の期間中、自由に歩き、チームの平均歩数を競います。
主催
公益財団法人東京YMCA/東京YMCAインターナショナル・チャリティーラン実行委員会
共催
日本YMCA同盟 国際賛助室
後援
内閣府/厚生労働省/スポーツ庁/全国社会福祉協議会/東京都/江東区
協力
ワイズメンズクラブ国際協会東日本区 在京ワイズメンズクラブ

これまでの大会

開催日
2019年9月23日(月・祝)
場所
木場公園内コース(江東区)
参加チーム
50チーム
ランナー
340人
ボランティア
150人(スタッフ含む)
支援金総額
¥5,000,000

東京YMCAインターナショナルチャリティーラン事務局 (東京YMCA会員部内)
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2‐3‐18 日本キリスト教会館6階
E-mail kaiin@tokyoymca.org  TEL 03-6278-9071
チャリティーランは全国のYMCAで実施されています。詳細は、日本YMCA同盟をご覧ください。