私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. 障がい児・者プログラム
  3. 発達障がい児支援 ASCA(アスカ)クラス

発達障がい児支援 ASCA(アスカ)クラス

LD(学習障がい)、AD/HD(注意欠如/多動症)、ASD(自閉スペクトラム症)、 その周辺の課題のある子どものための支援クラスです。発達障がいのある子どもたちは様々な個性があり、それぞれが多様な学び方をしながら日々を過ごしています。時に、その個性や多様な学び方が、学校や友人関係へ参加していくことを難しくすることがあります。特に、人と楽しく過ごしたいにも関わらず上手くできなかった経験は、主体的に関わることを困難にし、人との関わりの中での成長を阻んでしまいます。
こうした悩みや苦しみがある子どもたちに対してASCA(アスカ)クラスでは、ソーシャルスキルのトレーニングと学習支援を行っています。

「ASCA」に込められた意味

  1. Academic Skills 学力

  2. Social Skills 社会性

  3. Communication Skillsコミュニケーション能力

  4. Association 仲間作りの場

スーパーバイザーのメッセージ

『人間尊重の教育』のモデルとして

東京学芸大学名誉教授 上野一彦
上野一彦

『障がいは理解と支援を必要とする個性』ともいわれます。LD(学習障がい)、AD/HD(注意欠如/多動症)、ASD(自閉スペクトラム症)等、発達障がいのある子どもの理解が全国で広がりを見せています。その個性的な状態像ゆえに、大きな不利を被るたくさんの子どもたちがいます。特別支援教育が展開されるなか、 個に応じた教育への支援ニーズ、なかでも『発達障がい』への関心はますます高くなってきています。

全国のYMCAでは、こうした子どもたちへの正しい理解と適切な対応のために様々なプログラムが実施されています。ASCAクラスでは、YMCAのLD支援プログラムを礎として、今日、たくさんの試みを行っています。学力のつまずきの克服、ソーシャルスキルとしてのコミュニケーションや様々な能力の形成、そして解決能力の向上。これらは子どもたちが社会的に自立し、参加していく上で欠くことのできない基本能力です。

こうしたLD・AD/HD・ASD等の発達障がいに焦点を当てた、個性をしっかりと把握した教育こそ、21世紀の『人間尊重の教育』のモデルです。ASCAクラスのチャレンジと発展に大きな期待を寄せるものです。

「豊かで納得のいく人生」を歩むために

明星大学 教授 / 元東京YMCA西東京センター主任講師  小貫悟
小貫悟

ASCAクラスでは、「スキルトレーニング」を育ての視点として支援を行なっています。講師は専門性の高い臨床心理士が担当しています。支援方法として有名な「ソーシャルスキルトレーニング」については、ASCAクラスで研究実践に取り組み始めて、すでに20年が経とうとしています。

また、ASCAクラスは、生涯の成長を見据えた「ライフスキルトレーニング」を発達に偏りのある子たちに対して日本で最初に導入したことでも知られています。ソーシャルスキルとライフスキルを軸にして、一人一人の子どもが「豊かで、納得のいく人生」を歩むための、基礎を築くのが我々の役割だと思っております。

是非、一度、我々の育ての理論について問い合わせていただければと思います。

書籍のご紹介

ASCAクラスでの実践は、書籍でも紹介されています。

フレンドシップキャンプ  <肢体不自由児と健常児の共同キャンプ>

小貫 悟・名越斉子・三和 彩 共著(2004)
『LD・ADHDへのソーシャルスキルトレーニング』日本文化科学社

小貫 悟 著・東京YMCA ASCAクラス(2009)
『LD・ADHD・高機能自閉症へのライフスキルトレーニング』日本文化科学社

小貫 悟 著・東京YMCA ASCAクラス(2009)
『LD・ADHD・高機能自閉症へのライフスキルトレーニング』日本文化科学社