私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

クラス内容

ソーシャルスキルトレーニングクラスで身につけること

ソーシャルスキル

  1. ● 仲間に入るスキル(集団参加行動領域) 学級活動や仲間遊びなどに一員として参加できるようになる

    「仲間に入るスキル(集団参加行動領域)」は他の4つのスキル(領域)すべての土台となります。集団への参加があって初めてその他のスキルの発揮が可能になるため、どの年齢・段階でも必ず必要になるスキルです。

  2. ● 気持ちを理解するスキル(情緒的行動領域) 自分や相手の気持ちを理解し適切に振る舞えるようになる

  3. ● 言葉で伝えるスキル(言語的コミュニケーション領域)聞きとり・表現・質問など「言葉」を使いこなせるようになる

  4. ● 自分や他者を知るスキル(自己・他者認知領域)自分と相手の共通点や相違点に注目し、整理する

  5. ● 周りの様子を察するスキル(非言語的コミュニケーション領域)表情やジェスチャー、場の雰囲気をつかめるようになる

日常生活の中では以下のような様々な原因・状況から、スキルを身につけることが難しいことがあります。

ルールが守れない

・ルールを理解していない
・衝動的な行動や多動がある

役割がこなせない

・役割を理解していない
・不利な役になると我慢ができない

状況が理解できない

・認知能力のかたよりやアンバランスさがある
・行動レパートリーの不足

それに対しASCAクラスでは「できる」体験を重ね、スキルを身につけていきます。

ルールを理解できる状況を確保

・ルール表の作成 ・板書 ・声かけ ・見本を見せる

ルールを守りやすくする工夫

・勝ち負けを強調しすぎない ・短時間での作業 ・ゲームにする

役割を体験する

・日直(あいさつ、号令)体験  ・リーダー役の体験

状況理解への援助

・着眼点を伝える  ・情報の取り入れ方の点検 ・適切な対応方法を考える

ライフスキル

  1. ● 社会システムを利用するスキル(社会システム理解領域) 生きていくために不可欠な社会的資源(お店、公共施設、交通、権利等)を上手に使用・利用できるようになる

  2. ● 自分を理解するスキル(自己理解領域) 自分の特徴と一般社会の現状や仕組みとの折り合いをつけられるようになる

  3. ● 対人関係を調整するスキル(対人関係調整領域)学校、職場、地域等の一般社会における様々な人との関わりを適切に調整・処理できるようになる

  4. ● 余暇を楽しむスキル(余暇活用領域)休日の息抜きや人生を充実させることができるようになる

  5. ● 生活を管理するスキル(生活管理領域)家事や金銭感覚などを身につけて、生活・自活ができるようになる

ソーシャルスキルとライフスキルについて

ソーシャルスキルとライフスキルについて

子どもを取り巻く「社会」には、「友人(学校)社会」と「一般社会」とがあります。
「友だちとうまく付き合っていける」という友人社会のスキルと「不特定多数の人たちの中でどうふるまうか」という一般社会でのスキルとの間には違いがあり、年齢によって必要性の比重が変わってきます。しかし、この2つは切り離せるものではなく、友人社会に対するスキルとして学んだことが、一般社会に対するスキルの前提となったり、応用されたりします。ASCAクラスでは、お子様の心理アセスメントをもとに、どのスキルをどのタイミングで取り入れるかを決定していきます。

●友人社会で必要となるスキル例

・話し合いをする
・仲良くする
・自分と友人の個性の違いに気づく
・共感する
・協力できる
・正しいことをきちんと主張する

●一般社会で必要となるスキル例

・電車に乗って出かけられる
・敬語が使える
・公共機関が利用できる
・悪徳商法に注意できる
・他人の印象を意識した身だしなみができる
・言いたいことがあってもがまんする

学習指導クラス ※東陽町センターのみ開講

「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」といった基礎学力におけるつまずきに対して、自分の特性に合った学習方法を身につけ、活用できるようになることを目指します。また、スキルの習得だけではなく、学習への意欲を持ち続けられるよう工夫しています。

指導方法

お子さまによって理解の仕方や方法は千差万別です。指導は1対1で行います。心理検査を参考にし、コミュニケーションの中からお子さまに適した、より効果的な学習方法をみつけていきます。教材はお子さまに合わせて講師が準備しています。例えば、白黒印刷でシンプルにすることで集中しやすい工夫をしたり、課題の内容に応じてカラフルで興味を引きやすくしたりしています。ゴールはお子様によって異なりますので、一人ひとりの認知特性や習得レベルなどに応じてスモールステップの目標設定をします。

指導例

一つの課題に対してもお子さまに合わせた様々な指導方法を用いています。

例) 漢字1個を理解する
・絵描き歌で歌いながら書く
・漢字の意味付けをして書く
・書き順を覚えて書く
・漢字を偏やつくりに分解して形を理解する
・短文を作って意味や形を理解する

Pick UP!

形を作って確認する
「羊」と書かれたお手本を見ながら、モールで文字をかたどって画用紙に貼り、その画用紙を文字に沿って切ります。3本の横線の長さや縦線が横線の上を出るのか出ないのかなどを、作りながら確認しました。