私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. 障がい児・者プログラム
  3. シーズンキャンプ(障がい児対象)

シーズンキャンプ(障がい児対象)

「キャンプで成長をすべての人々に」を目指してYMCAは、広く一般の障がい児を対象に、2泊~5泊程度のキャンプを開催しています。さまざまな障がいのある子どもたちが安全に参加できるよう、医療関係者や専門家、協賛企業、他NPOなど大勢の協力によって開催しています。
新しい友だちとの出会い、大自然の中でのたくさんの経験をとおして、子どもたちは成長していきます。

手足の不自由な子どものキャンプ

肢体不自由児を対象としたキャンプで、1957年から60年余にわたって開催されています。「日本キリスト教奉仕団」女子職員の"障がいのある子どもにこそキャンプが必要"との呼びかけをきっかけに、医療関係者など多数の協力によって始められました。
現在は、脳性まひや二分脊椎など、さまざまな障がいのある子どもたちのニーズに応えながら実施しています。医師や看護師が常駐し、30~50人の参加者に60人前後のスタッフ体制で行っています。

手足の不自由な子どものキャンプ
対 象
小学3年生から高校3年生までの肢体不自由児
内 容
カヌーやハイキング、水泳、野外調理など、グループ活動を中心とした活動
開催時期
毎年8月、5泊6日
参加費
\65,000-(2015年度実績。一部助成制度あり)
開催場所
東京YMCA山中湖センター
主 催
公益財団法人毎日新聞東京社会事業団、社会福祉法人日本肢体不自由児協会、東京YMCA
問合せ
社会福祉法人日本肢体不自由児協会

フレンドシップキャンプ

肢体不自由児と健常児の共同キャンプ

手足の不自由な子どもと障がいのない子どもが共同で生活する交流キャンプです。キャンプ生活を通して、一緒に遊び、語り、助け合う中で"違い"や"個性"を感じ取り、キャンプ後も続くような友情を育むことを願いとしています。
キャンプでは、同学齢の障がいのある子どもとない子どもがほぼ同数になるように構成された5~7人のグループに、トレーニングを受けたボランティアリーダーがついて共に生活を創り上げていきます。グループを担当するリーダーの他に、生活全般やプログラム活動を支援するスタッフ、医師や看護師、NPOフレンドシップキャンプが運営に携わっています。

フレンドシップキャンプ  <肢体不自由児と健常児の共同キャンプ>
対 象
小学3年生~高校3年生 (肢体不自由児と健常児)
開催時期
毎年8月に4泊5日
参加費
¥56,000-(2015年度)
開催場所
東京YMCA山中湖センター
主 催
NPO法人フレンドシップキャンプ
※東京YMCAは後援として指導者を派遣しています。
問合せ
NPO法人フレンドシップキャンプ 

秋の山中湖キャンプ

発達障がい児対象

発達障がいのある子どもたちに、のびのびとキャンプを楽しみ、成長していってほしい――。そんな願いから、三菱商事株式会社が参加費の半額を助成。社員ボランティアも参加し、2003年からYMCAとの協働事業として行われています。
このキャンプは、子どもたちが日常とは違う環境の中で気持ちを解放し、仲間やボランティアリーダーと一緒に思いっきり楽しみ、他者への信頼や自分への自信をつけられるようにと、専門家の協力を得て行われています。

秋の山中湖キャンプ  <発達障がい児対象>
対 象
小学1年生~高校3年生(LD、ADHD、自閉症スペクトラム症やその周辺の課題のある方)
開催場所
東京YMCA山中湖センター
参加費
¥24,840-(2016年度価格。税込)
開催時期
例年10月、体育の日前後に2泊3日で開催
問合せ

西東京コミュニティーセンター Tel. 042-577-6181

おひさまキャンプ

発達障がい児対象

ACCJ(在日米国商工会議所)から参加費の一部を助成いただいて実施しています。 キャンプでは、一人ひとりの年齢や体力に合ったゆとりのあるペースで、クラフトや火を扱う体験、水遊び、グランド遊び、ハイキング、キャンプファイヤーなど様々なプログラムに楽しくチャレンジし、自分の世界を広げ、自尊心を養うことをねらいとしています。キャンプ中の様々な出会いや体験が自己の課題を克服する機会になります。キャンプ中はトレーニングを受けたボランティアリーダーが、1グループ4~5名に2名程付いて寝食をともにします。手厚い体制で、参加者一人ひとりのペースに合わせたキャンプを実施しています。

対 象
小学1年生~6年生(LD、ADHD、自閉スペクトラム症やその周辺の課題のある方)
開催場所
ぐんまYMCA赤城キャンプ(2015年度)
参加費
¥52,920-(2015年度価格。交通費、宿泊食費、保険料、消費税込。)
開催時期
例年8月に3泊4日で開催
申し込み
山手コミュニティーセンター Tel. 03-3202-0321

のびのびスキーキャンプ

発達障がい児対象

ACCJ(在日米国商工会議所)から参加費の一部を助成いただいて実施しています。 このキャンプは、スキーを通して楽しく体を動かすこと、のびのびと自由に人と関わること、自然とふれ合うこと、これらの体験を通じて自分の世界を広げ、自尊心を養うことをねらいとしています。キャンプ中の様々な出会いや体験が自己の課題を克服する機会になります。 キャンプ中はトレーニングを受けたボランティアリーダーが、1グループ4~5名に2名程付いて寝食をともにします。小学生ユニット・中高生ユニットに分け、より年齢・興味にあったプログラム・スキー指導の展開をしています。

対 象
小学1年生~高校3年生(LD、ADHD、自閉スペクトラム症やその周辺の課題のある方)
開催場所
尾瀬戸倉スキー場(2016年度)
参加費
¥66,420-(2016年度価格。交通費、宿泊食費、保険料、消費税込。リフト代別途)
開催時期
例年1月に3泊4日で開催
申し込み
山手コミュニティーセンター Tel. 03-3202-0321