私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

  1. ホーム
  2. 障がい児・者プログラム
  3. 参加者・保護者の声

参加者・保護者の声

肢体不自由児と健常児が共に過ごす統合キャンプ フレンドシップキャンプに参加して

森 優衣さん

私は、フレンドシップキャンプに3回参加しました。
最初は、リーダーやメンバーと仲良くなれるか「不安」の二文字しか出てきませんでしたが、実際にキャンプに行ってみると、健常者と障がい者という壁は全くありませんでした。

続きを読む

4泊5日を過ごしてみると「不安」という言葉はなくなり、「楽しい」に変わりました。普段の生活ではなかなか経験できない、キャンプファイヤーや野外調理などがとても印象に残っています。
その後、「障がい者ボランティアリーダー」として参加させていただきましたが、とても素敵な仲間と出会うことができ嬉しく思います。
この出会いを大切に、フレンドシップキャンプを色々な方に知ってもらえるよう、これからも関わっていきたいと思っています。

※フレンドシップキャンプは、東京YMCA山中湖センターを会場に約40年前から実施しているキャンプで、NPO法人フレンドシップキャンプが主催し、東京YMCAは後援として指導者の派遣等キャンプ運営に協力しています。